英語の初心者に向いている

ヘッドホン

英語の教材というのは、先進国の中でも軍を抜いて英語に対する苦手意識の強い日本には星の数ほど存在しています。その中でも初心者にうってつけと言われているのが、スピードラーニングという教材です。この教材は聞き流しているだけで英語脳になり、スムーズに英語を理解することができると評判の教材です。しかし、この教材はすべての人に向いているというわけではないです。特にスピードラーニングの効果を実感できるのは、英語が全くの初心者である人たちです。英語に対する偏見や凝り固まった考えがないことから、英語の理論がわからなくても音で理解することができてしまいます。毎日繰り返し英語を聞き流しているだけで、ある日突然英語が理解できるようになるといいます。

合う人と合わない人

合う人と合わない人の差が激しいと言われる英語教材のスピードラーニングですが、特に不向きだと言われているのは、英語学習の中級者です。ある程度英語の文法が理解でき、それでいて英語の聞き取りが上手くできていない人にとっては、この教材は向いていないと考えられています。というのも、英語中級者が直面する課題として、脳が英語脳になっていないからです。英語を英語としてそのまま捉える事ができていないため、英語力が今ひとつ伸び悩んでいるのが中級者です。そのため、中級者は別の学習方法で英語のリスニング力を高めることを模索することが大切です。特に、英語を聞き取り把握する力が求められます。

上級者にも適した教材

逆に、英語を英語として理解できる上級者にとって、スピードラーニングは効果を発揮する英語教材です。早い話が、リスニング力を高めるために不可欠なのが、文法の力です。英語のリスニング教材も、正しい文法に基づいて会話がなされるので、その理解の仕方が身についている英語上級者であれば、スピードラーニングの教材をしっかりと聞き取ることができるのも事実です。文法力がしっかりしていることで、リスニング力にブレがなく、どのような話題でもある程度正確に内容を把握できるのが上級者の強みです。多少聞き取れない所があれば、そこはさかのぼって聞き直す事により、内容をきちんと把握できるようになるのです。極端な例ではありますが、スピードラーニングは英語に悪い先入観のない全くの初心者か、もしくは、英語が問題なく聞き取ることができる上級者向きの教材であると言えます。それを理解して教材を選ぶことが上達につながることでしょう。

広告募集中